開催記録:2021年1月23日(土)

第10回   アート対話カフェ@福岡 オンライン

日 時:2021年1月23日(土)10:30~12:00
題 材:「愉快な家族」
作者:ヤン・ステーン(オランダ)
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

今回は新年一発目となる対話型鑑賞会でした。
またまた過去最多の10名に参加をしていただきました。
全国各地から参加をしてくださった方々ありがとうございました。

また今回はナビゲーターの誕生日ということもあり、熱意のこもった
リズム感の良いファシリテートが見られていました。

以下、参加者の方々が発言した内容を一部紹介します。
・真ん中の女性が聖母のように見える
・楽しくパーティーをしているようだ
・手前の2人が不自然に小さい。子どもなのかな?
・奥の2人だけ雰囲気が違う
・奥の暖炉に引きずりこもうとしてこちらを見ている
・お酒に酔ったお父さんが歌いはじめている
・お皿が地面に散乱していて、みんな相当楽しんだのかな
・笛吹の人が止めてもらう場所を探しに来た
・赤ちゃんもスプーンを持って音楽を楽しんでいるようだ
・壁の色がなんだか薄暗い、楽しい雰囲気とは対照的だ
・窓の外に見えるのはピラミッド?他の人に家?

などなど様々な意見が飛び交いました。今回は、色々な立場の方々が参加されていた
ようで絵の一部に集中することなく、様々な箇所に視点が飛んでいたことが印象的
でした。

鑑賞会終了後の座談会では、「対話」とは何か?という対話の在り方について
興味深い議論が交わされていました。欧米の対話、日本の対話など国によっても
対話の在り方が違っていたり、一人ひとりの対話に足してのイメージもかなり
異なるようでした。全員が満足してい対話を行うためには、対話のベースとなる
グランドルールのようなものを共有することが大切ですね。

対話型鑑賞は絵という媒介を通すことで、対話をする人々の共通のイメージを
設定することができるので、対話スキルを磨くよい教育方法だと実感しております。

よりより対話の場を提供するために、参加者の方の意見も受け止めながら精進して
参ります!

Follow me!